お金を借りる人のためのローン入門

お金を借りる

今回は、ローンの種類とそのメリット・デメリットをご紹介します。この記事が終わるころには、どの種類のローンが自分に合っているのか、理解が深まっているはずです。それでは、お金を借りる人向けのローン入門について学んでいきましょう

1.お金を借りる(ローン)方法とは?

お金を借りるには様々な方法があり、自分のニーズや状況に応じて方法を選択する必要があります。ここでは、一般的な即日でお金を借りる方法を詳しくご紹介します。

消費者金融

消費者ローンは、このような統合債務、資金調達、主要な購入、または予期しない費用の支払いなど、様々な目的のために使用することができる割賦ローンです。消費者ローンの利点は、それが一般的にクレジットカードよりも低金利を持っているということです。消費者金融の欠点は、あなたが悪い信用を持っている場合、それがために修飾することが困難であるということです。

クレジットカードのキャッシングで借りる。

クレジットカードのキャッシングは、次のクレジットカードのステートメントで返済される短期的なローンです。クレジットカードのキャッシングの利点は、それがために修飾するのは簡単であり、あなたがすぐに資金を利用できることです。

銀行カードローンでの借り入れ

銀行カードローンは、次の銀行カードのステートメントで返済される短期的なローンです。銀行カードローンの利点は、それがために修飾することは容易であり、あなたがすぐに資金を利用できることです。銀行カードローンの欠点は、それが一般的に消費者金融よりも高い金利を持っているということです。

学生は、キャッシングまたは学生ローンを取得することができます。

学生は、学校の財政援助事務所からキャッシングまたは学生ローンを取得することができます。このタイプのローンの利点は、通常クレジットカードのキャッシングよりも低金利であることです。このタイプのローンの欠点は、資金を得るまでに数週間かかる場合があることです。

2.お金を借りるときの金利やその他のポイント

ローンには大きく分けて、有担保と無担保の2種類があります。有担保ローンは、担保があるもので、一般的には家や車などの形で担保があります。無担保ローンは、任意の担保に支えられていないため、貸し手にとってより危険です。有担保ローンは無担保ローンよりも低い金利を持っている傾向があるが、彼らはまた、担保のいくつかのフォームを置くために借り手を必要とします。

有担保ローンのメリット

低金利

担保があるため、貸し手のリスクが少ない。

有担保ローンのデメリット

貸し倒れにより、担保を失うリスクがある。

借り手の信用度が低い場合、有担保ローンの審査に通らない可能性がある。

無担保ローンのメリット。

担保は必要ありません。

借り手は、無担保ローンの資格を得ることが容易になる可能性があります。

無担保ローンのデメリット

金利が高くなる

借り手が債務不履行に陥った場合、貸し手はより大きなリスクを負うことになる。

有担保ローンと無担保ローンのメリットとデメリットがわかったところで、どちらのタイプのローンが自分に合っているのか絞り込んでいきましょう。信用度が低い場合は、無担保ローンが最適な選択肢かもしれません。最終的に、どのタイプのローンを利用するかは、個々の状況に応じて決定されます。

3.お金を借りたいときの選択肢

お金が必要な場合、いくつかの選択肢があります。

今すぐお金を借りたい

今すぐお金が必要な場合、個人ローンの利用を検討することができます。個人ローンは、借金の一本化、大きな買い物、予期せぬ出費の補填など、さまざまな目的に利用することができます。個人ローンは通常、クレジットカードよりも低金利なので、お金を借りる必要がある場合には良い選択肢となります。

割安でお金を借りたい

低金利でお金を借りたい場合は、学生ローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。学生ローンは通常、他の種類のローンよりも金利が低いので、学生や新卒者であれば良い選択肢になります。

安心してお金を借りたい

安心してお金を借りたいという方は、住宅ローンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。住宅ローンは一般的に自宅を担保にするため、万が一の返済の心配がありません。

4.おすすめできない金融業者

お金を借りる必要がある人には、お勧めできない金融業者がたくさんあります。これらの金融業者は、しばしば高金利および/または隠れた手数料を持っています。これは、それがローンを返済することは困難であり、最終的に長い目で見れば、より多くの費用がかかることができます。

親や知人からお金を借りる

親や知人にお金を貸してくれる人がいる場合、この方法も有効です。貸金業者から借りるよりも金利が低くなる可能性が高く、与信審査も不要になる場合があります。ただし、返済ができなくなった場合、人間関係に支障をきたす可能性があることは認識しておく必要があります。

闇金融業者からお金を借りる

闇金融業者からお金を借りることには、多くの危険が伴います。このような貸金業者は金利が高いことが多く、短期間で返済を求められることもあります。また、返済ができなくなり、貸金業者に多額の借金をすることになる危険性もあります。

5.お金を借りる人におすすめ!カードローン会社3選

カードローンは、特に信用力のある人であれば、お金を借りることができるものです。世の中にはさまざまなカードローン会社があり、どれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。今回は、カードローン会社の中でも特におすすめの3社を紹介します。アイフル」「アコム」「プロミス」です。それぞれの会社の特徴について、詳しくご紹介していきますので、ぜひ読み進めてみてください。

アイフル

アイフルは日本のカードローン会社で、最大200万円までの融資に対応しています。アイフルは、まとまったお金を借りる必要がある方におすすめです。申し込みも簡単で、金利もお得に設定されています。

アコム

アコムは、最大100万円までの融資が可能なカードローン会社です。アコムは中程度の金額を借りる必要がある方におすすめです。審査が早く簡単で、金利もリーズナブルなのが特徴です。

プロミス

プロミスは、50万円までの融資に対応しているカードローン会社です。プロミスは少額を借りる必要がある方におすすめです。申し込みがとても簡単で、低金利で利用できるのが特徴です。

6.お金を借りる際の注意点

お金を借りる際には、いくつか注意点があります。まず、返済計画をしっかり立てることです。毎月の支払いに無理がないことを確認してから借り入れを行うべきです。あなたがすべき第二のことは、お金を借りることを避けるための方法を検討することです。あなたは絶対にそれが必要な場合にのみ、お金を借りる必要があります。また、会社から融資を受ける前に、友人や家族から融資を受けるようにすべきです。

まとめ

ローンを利用する際には、様々な要素を考慮する必要があります。その中でも最も重要な判断は、どのタイプのローンが自分に合っているかということです。様々なローンがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。今回は、ローン入門で種類とそのメリット・デメリットをご紹介しました。この記事を読み終わる頃には、どのタイプのローンが自分に向いているのか、理解が深まっているはずです。

関連記事